「新春将棋大会」に参加しました(2019)

YAMATE美術セミナーで、毎年この時期に行われる「新春将棋大会」に参加しました。
(前回の記事はこちらです)

アトリエの入り口
アトリエの入り口

この日のために、僕は電車の中で詰め将棋を解いていたのです。
去年よりも強くなったかな?という自信が少しだけありました。

将棋大会の張り紙
将棋大会の張り紙

今年は四回目で、14名の人が参加。
その中には、今回の大会のために初めてアトリエを訪れたという人が3名いました。

大会はトーナメント方式で、くじ引きで対戦相手が決まります。
僕の一回戦の相手は、初めてアトリエに訪れたという若い男性のSさん。
うむむ・・・猛者の匂いがぷんぷんします。

最初、僕は四間飛車(振り飛車という作戦の一つ)で行こうと思ったのですが、
僕が飛車を振るより先に、相手が飛車を振ってきました。

こうされると、どうしていいかわかりません(笑)
仕方なく居飛車で戦うことにしましたが、序盤早々不利な展開です。

その後はほとんど攻め込むことすらできず、
僕の王様はあっさりと討ち取られてしまいました。
つ、強い・・・!

負けました
負けました

Sさんからは、開戦時の僕の王の位置が悪かったことと、
飛車を打ち下ろす場所が良くなかったことを教えてもらいました。

敗者復活戦に回った僕は、小学二年生のH君と対戦することに。
彼も初めてアトリエに来た子のようです(八王子からだとか!)

H君に声をかけようとしたところ、彼は一回戦で負けたことがショックだったらしく、
両親の側で泣き出してしまいました。

僕「僕だって負けると悔しいよ」
お父さん「うん、誰だってそうだ」
H君「・・・」
僕「じゃあ、なぞなぞを出しましょう。
 『ドラキュラが青い血を飲みました。なんと言ったでしょうか?』」
お母さん「あ、わかりました」
お父さん「え、何それ?」
お母さん「『ああ、おいちい(青い血)』ですね」
僕「正解です!」
H君「・・・」

僕は少しでも笑わせようとしたのですが、H君には全然受けていませんでした・・・。

それでも時間が経つと彼の気持ちが落ち着いたのか、
自ら将棋盤の前に向かうと、振り駒をしてくれました。
僕の先手番で対局開始です。

H君はしっかりとした手つきで、びしびしと指してきました。

H君との対局
H君との対局

僕は負けじと四間飛車で対抗したのですが、肝心なところで龍をタダで取られ、
攻める駒がほとんどなくなってしまいます。

さらに彼は龍を躊躇なく切ってきて、僕の美濃囲いはあっけなく崩壊。
最後は角で王手をされ、負けてしまいました。

また負けました
また負けました

H君のお父さんは「相手はわざと負けてくれたんだよ」と彼に冗談っぽく言いましたが、
そんなことをしたら彼のプライドが許さないでしょう。

僕は真剣に指して敗れたのです。
(でも、やはりどこかに甘さがあったのかもしれません)

トーナメントから脱落した僕は、優勝とは関係ないところで二局指しました。
相手はアトリエ講師Tさんの父親と、去年の決勝で対局したK君のお父さんです。

結果は二連勝。
特にK君のお父さんとは、一年越しのリベンジを果たすことができました!

リベンジ成功!
リベンジ成功!

トーナメントの決勝戦は、やはりアトリエ外からの二人の対局になりました。
白熱した戦いが続いていましたが、結果は年上のMさんの勝利。
優勝賞品はありませんが、参加者から拍手が送られました。

今年は早々と負けてしまいましたが、それでも楽しかったです。
やはり普段から道場で指していたり、本格的に勉強していたりする人には敵わないなぁ・・・。

Keisuke
(2019.2.1に写真追加、一部文章修正)

新春将棋大会に参加しました

2月のことになりますが、YAMATE美術セミナーで行われる「新春将棋大会」に行ってきました。

大会は今年で3回目になりますが、僕が参加するのは初めてです。
将棋が好きな生徒がいて、その人の発案で行われているそうです。

僕も以前から参加したいと思っていたのですが、毎年いつも都合が付かず…。
でも、今年は参加することができました。

/////////////////////////

僕は幼稚園の頃から祖父に教えてもらって、将棋を覚えました。
テレビやネットでプロの対局を見るのは好きなのですが、あまり指すことはありません。

初心者向けとされるコンピューターの「ハム将棋」には勝ったり負けたり。
3手詰めの詰め将棋はほぼ解けますが、5手詰めはなかなか解けないという程度の棋力です。

さて、当日は少し遅刻してしまいました。

セミナーの入り口
セミナーの入り口
庭に梅の花が咲いていました
庭に梅の花が咲いていました

急いで2階のアトリエに上がると、すでに机にはいくつもの将棋盤と駒が並べられていました。
トーナメント表も大きな紙に貼り出されています。

将棋大会の貼り紙
将棋大会の貼り紙

参加者は9名でした。
くじで対戦相手を決め、いよいよ対局開始です。

初戦は大人のTさんと。

考えるTさん
考えるTさん

ぶっつけ本番でドキドキしましたが、無事に勝つことができました!

次の準決勝では小学生のK君と対局。
よくしゃべる子なので、作戦も筒抜けでした(笑)

K君との対局
K君との対局

K君は王様を全く囲わず攻めてきます。
そのため、まず僕は守りを固めてから、じわじわと攻めて勝ちました。
大人げない戦いでごめんね…。

決勝はそのK君のお父さんと。

先生「それじゃ、始めてください」
僕 「あ、その前に意気込みを言ってもいいですか?」
先生「はい、どうぞ」
僕 「お父さん?強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど、俺は負けないよ」
先生「おお~、頑張ってね!」

これは佐藤七段がNHK杯で言った台詞をもじったものです。
「豊島? 強いよね」当時のエピソードを佐藤紳哉七段が語る

みんなは何のことかわからず、ぽかーんとしていましたが…。

対局はお互いの飛車を取り合う乱戦に。
途中で有利になったと思ったのですが、一瞬の隙を突かれて負けてしまいました。

悔しかったですが、準優勝できたので満足です。

とても楽しい時間を過ごせました。
機会があれば、将棋道場に行ってみるのもいいかなぁ…。

Keisuke

(追記)次の年も参加しました。記事はこちらです。

アトリエ展!(2018)

先週の日曜日に、YAMATE美術セミナーの「アトリエ展」に行ってきました。

アトリエの入り口
アトリエの入り口

 展示の様子はこんな感じです。
一階には子供たち(と大人たち)の絵が、二階には大人たちの絵が飾られていました。

展示の様子(1)
展示の様子(1)
展示の様子(2)
展示の様子(2)
展示の様子(3)
展示の様子(3)

毎年訪れるたび、これだけの絵には圧倒されますね~。

僕の作品はこちらです。

僕の作品(1)
僕の作品(1)
僕の作品(2)
僕の作品(2)
僕の作品(3)
僕の作品(3)

先生によると、大きな絵よりも小さな絵のほうが評判が良かったのだとか。

午後からは「アトリエ大賞」の授賞式と、映像作品の紹介、それとアトリエの生徒たちで結成された音楽隊の演奏がありました。
「夢をかなえてドラえもん」と「大きな古時計」をみんなで合唱です。

何か楽器が弾けるのもいいなぁ…。
僕も練習してみたいです。

アトリエの庭では「おめんを作ろう」というワークショップが行われていました。

ワークショップ
ワークショップ

年齢を問わず参加して良いとのこと。
そのため、僕も作ってみることにしました。

無計画で進めていき、完成したのがこちら。

作ったお面
作ったお面

何これ、きもっ!
まるでホラーじゃないか…。

でも、作っていてとても楽しかったです~。
まるで子供に戻った気分。

せっかくなので、かぶってみました。

かぶってみた
かぶってみた

あとで他の参加者と一緒に、お面を付けて写真を撮りました。
ユニークなお面を作る子もいましたね。

カオナシと遭遇
カオナシと遭遇

展覧会には、隣に住んでいる奥さんや、僕の職場の人も来てくださいました。
とても感謝しています。

午後6時に終了し、その後はみんなで打ち上げ。
とても楽しかったです。

打ち上げの料理
打ち上げの料理

今回は展示のお手伝いができませんでしたが、またいずれ!
(毎回そんなことを言っているような…)

Keisuke

アトリエ展のお知らせ

ご無沙汰しております。

今年もYAMATE美術セミナーでアトリエ展が開催されます。

アトリエ展のポスター
アトリエ展のポスター

期間は以下の通りです。

3月30日(金) 12:00~20:00
3月31日(土) 10:00~18:00
4月01日(日) 10:00~18:00

僕は大きな絵を2点、小さな絵(以前に北海道で描いたスケッチです)を3点展示します。

大きな絵はこちらです↓

稲村ヶ崎から:湘南の稲村ヶ崎で描きました。遠くに江の島が見えます。
稲村ヶ崎から
梅の咲く町:小田原の曽我梅林で描きました。ちょうど梅の花が見頃で、富士山も見えましたよ。
梅の咲く町

もしよろしければ、遊びに来てください。

Keisuke

アトリエ展!(2017)

先日、日曜日の午後に、YAMATE美術セミナーのアトリエ展に行ってきました。

アトリエの入り口
アトリエの入り口

今回展示したのは、アトリエの庭の八重桜を描いた大きな絵が一点、はがきサイズの小さな絵が三点、それに風景画をまとめた作品ファイルです。

玄関を入ると、一階の壁には子供たちの絵が貼られていました。
自由な絵は見ていて飽きません。

子供たちの絵
子供たちの絵
ロビー
ロビー

二階は大人たちの絵が中心です。

大人たちの絵
大人たちの絵

僕の八重桜の絵は、階段を登った先に飾られていました。
M先生によると、この絵は評判が良かったのだとか。

八重桜の絵
八重桜の絵

小さな絵や作品ファイルは棚の上に置かれており、以前、教室に持ち込んだスペインの旅行記まで、その隣に置かれていました。

小作品
小作品

飾り付けの日に僕は行けなかったので、どんな様子か気になっていましたが、とても綺麗に展示して頂きました。

ありがとうございます。

そのうち子供による紙芝居が上映されました。

不思議な種をめぐるファンタジーの話です。
内容もしっかりしていたし、面白かったです。

また、庭ではフラッグ作りのワークショップが行われていました。
基本的に子供向けですが、大人でも参加可能です。

ワークショップ
ワークショップ

僕も一枚描くことにしました。
布にべたべたと直接絵の具で塗っていきます。

完成したのは、自分でもよくわからない絵。
一応、日本の国旗がモチーフのおばけでしょうか。

完成したフラッグ
完成したフラッグ

それから、数人で囲んでTさんの絵を見せて頂いたり(すごく良かった!)、漫画を描いたりしていると、あっという間に終了の時間になりました。

漫画・ポテチくん
漫画・ポテチくん
漫画・ロボットと博士
漫画・ロボットと博士

その後はみんなで打ち上げです。
僕もちゃっかり参加しました。

参加者の一人は、カホンと呼ばれるペルー発祥の打楽器を持参していて、
僕も叩かせてもらいました。

音楽もいいですね。

カホン
カホン

とても楽しかったです。
今回、全くお手伝いできなかったのですが、またいずれ!

おまけ
おまけ

Keisuke