新春将棋大会に参加しました

2月のことになりますが、YAMATE美術セミナーで行われる「新春将棋大会」に行ってきました。

大会は今年で3回目になりますが、僕が参加するのは初めてです。
将棋が好きな生徒がいて、その人の発案で行われているそうです。

僕も以前から参加したいと思っていたのですが、毎年いつも都合が付かず…。
でも、今年は参加することができました。

/////////////////////////

僕は幼稚園の頃から祖父に教えてもらって、将棋を覚えました。
テレビやネットでプロの対局を見るのは好きなのですが、あまり指すことはありません。

初心者向けとされるコンピューターの「ハム将棋」には勝ったり負けたり。
3手詰めの詰め将棋はほぼ解けますが、5手詰めはなかなか解けないという程度の棋力です。

さて、当日は少し遅刻してしまいました。

セミナーの入り口
セミナーの入り口
庭に梅の花が咲いていました
庭に梅の花が咲いていました

急いで2階のアトリエに上がると、すでに机にはいくつもの将棋盤と駒が並べられていました。
トーナメント表も大きな紙に貼り出されています。

将棋大会の貼り紙
将棋大会の貼り紙

参加者は9名でした。
くじで対戦相手を決め、いよいよ対局開始です。

初戦は大人のTさんと。

考えるTさん
考えるTさん

ぶっつけ本番でドキドキしましたが、無事に勝つことができました!

次の準決勝では小学生のT君と対局。
よくしゃべる子なので、作戦も筒抜けでした(笑)

T君との対局
T君との対局

T君は王様を全く囲わず攻めてきます。
そのため、まず僕は守りを固めてから、じわじわと攻めて勝ちました。
大人げない戦いでごめんね…。

決勝はそのT君のお父さんと。

先生「それじゃ、始めてください」
僕 「あ、その前に意気込みを言ってもいいですか?」
先生「はい、どうぞ」
僕 「お父さん?強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど、俺は負けないよ」
先生「おお~、頑張ってね!」

これは佐藤七段がNHK杯で言った台詞をもじったものです。
「豊島? 強いよね」当時のエピソードを佐藤紳哉七段が語る

みんなは何のことかわからず、ぽかーんとしていましたが…。

対局はお互いの飛車を取り合う乱戦に。
途中で有利になったと思ったのですが、一瞬の隙を突かれて負けてしまいました。

悔しかったですが、準優勝できたので満足です。

とても楽しい時間を過ごせました。
機会があれば、将棋道場に行ってみるのもいいかなぁ…。

Keisuke

アトリエ展!(2018)

先週の日曜日に、YAMATE美術セミナーの「アトリエ展」に行ってきました。

アトリエの入り口
アトリエの入り口

 展示の様子はこんな感じです。
一階には子供たち(と大人たち)の絵が、二階には大人たちの絵が飾られていました。

展示の様子(1)
展示の様子(1)
展示の様子(2)
展示の様子(2)
展示の様子(3)
展示の様子(3)

毎年訪れるたび、これだけの絵には圧倒されますね~。

僕の作品はこちらです。

僕の作品(1)
僕の作品(1)
僕の作品(2)
僕の作品(2)
僕の作品(3)
僕の作品(3)

先生によると、大きな絵よりも小さな絵のほうが評判が良かったのだとか。

午後からは「アトリエ大賞」の授賞式と、映像作品の紹介、それとアトリエの生徒たちで結成された音楽隊の演奏がありました。
「夢をかなえてドラえもん」と「大きな古時計」をみんなで合唱です。

何か楽器が弾けるのもいいなぁ…。
僕も練習してみたいです。

アトリエの庭では「おめんを作ろう」というワークショップが行われていました。

ワークショップ
ワークショップ

年齢を問わず参加して良いとのこと。
そのため、僕も作ってみることにしました。

無計画で進めていき、完成したのがこちら。

作ったお面
作ったお面

何これ、きもっ!
まるでホラーじゃないか…。

でも、作っていてとても楽しかったです~。
まるで子供に戻った気分。

せっかくなので、かぶってみました。

かぶってみた
かぶってみた

あとで他の参加者と一緒に、お面を付けて写真を撮りました。
ユニークなお面を作る子もいましたね。

カオナシと遭遇
カオナシと遭遇

展覧会には、隣に住んでいる奥さんや、僕の職場の人も来てくださいました。
とても感謝しています。

午後6時に終了し、その後はみんなで打ち上げ。
とても楽しかったです。

打ち上げの料理
打ち上げの料理

今回は展示のお手伝いができませんでしたが、またいずれ!
(毎回そんなことを言っているような…)

Keisuke

アトリエ展のお知らせ

ご無沙汰しております。

今年もYAMATE美術セミナーでアトリエ展が開催されます。

アトリエ展のポスター
アトリエ展のポスター

期間は以下の通りです。

3月30日(金) 12:00~20:00
3月31日(土) 10:00~18:00
4月01日(日) 10:00~18:00

僕は大きな絵を2点、小さな絵(以前に北海道で描いたスケッチです)を3点展示します。

大きな絵はこちらです↓

稲村ヶ崎から:湘南の稲村ヶ崎で描きました。遠くに江の島が見えます。
稲村ヶ崎から
梅の咲く町:小田原の曽我梅林で描きました。ちょうど梅の花が見頃で、富士山も見えましたよ。
梅の咲く町

もしよろしければ、遊びに来てください。

Keisuke

個展「ふらののかぜ」終了しました

11月2日にデザインフェスタギャラリー原宿での個展、「ふらののかぜ」が終了しました。

来場された方々、ありがとうございました。

/////////////////////////

そもそも、このギャラリーで個展をするというのは、一昨年から考えていたことでした。

一度予約をしたものの、途中で自信がなくなって、結局キャンセルしてしまったのです。

その後、セツのギャラリーで個展をする機会があり、しばらく展示をする意欲が湧かなかったのですが、いつか必ずまた挑戦したいと考えていました。

さて、セツを卒業し、これからどうしようかと考えていたときのこと。

ネットで富良野で農作業ヘルパーの募集をしていると知りました。

これならいいかもしれない。
農作業をしながら絵を描き、帰ったら個展を開くことができる!

そう考えた僕は、実際に行ってみることにしたのです。

とはいえ農作業はそれほど甘くなく、途中で精神的に追い込まれました。
一時期は続けられるかどうかの瀬戸際だったのですが…。

それでも何とか最後まで続けられて、さらに葉書サイズの数十点の絵も描けました。
本当に運が良かったと思っています。

10月にこちらに帰ったあと、まずはグループ展を済ませてから、個展の準備を始めました。

ですが、なかなか身が入りませんでした。
それは、僕が不安を感じやすい性格だからかもしれません。

こんな絵はまるで価値がないんじゃないか。
遠くから来てくれた人に、満足して頂けるのだろうか。

そんなことをいろいろ考えてしまって、2週間ほど前からナーバスになってしまったのです。

/////////////////////////

そして迎えた本番当日。
前日の台風も去り、良い天気です。

えーい、もうやるしかない!

僕は覚悟を決めて家を出ました。
荷物は40リットルのリュックと、大きな絵と中くらいの絵が一点ずつ。重っ。

ギャラリーに到着し、さっそく展示の準備を始めました。

ギャラリーの外観

スペースはWEST1-Gという場所です。

ここには大きな窓があり、建物の外から展示の様子を眺められます。
自然光も取り込めるので、部屋は明るく開放感があります。

大きさは四畳半ほどですが、一人で展示する分には問題ありません。

個展を開くならここしかないな…と、以前から考えていました。

入り口を入って左側には大きめの絵を、正面には葉書サイズの絵をたくさん並べました。

今年描いた絵だけではスペースが余るので、昨年北海道を旅行したときの絵も飾りました。

展示の様子(1)
展示の様子(1)
展示の様子(2)
展示の様子(1)
展示の様子(3)

入って右側の壁には、ポストカードをラックに入れて並べました。

ですが、やはり実物と見比べると色合いが変わってしまいます。

少部数だったので、業者に頼まず自分で印刷したのですが、あまりうまく行きませんでしたね。

ポストカードなど
上から見た図
上から見た図
入り口の案内
入り口の案内

準備が完了すると、さっそくお客さんが来てくれました。

このギャラリーは元々アパートだったのを改装したため、大小合わせて21もの展示スペースがあります。

そのため、他の作品を見に来た人でもこちらに立ち寄ってもらえる利点があるのです。

日本人だけではなく、海外からのお客さんも非常に多かったです。
もしかしたら、ガイドブックに載っているのかもしれません。
(特にフランス人が多かったような…)

必然的に応対も英語になります。
こんなに英語を使ったのは、スペインに行ったとき以来です。

そんな中、家族連れの外国人の女性が僕に話しかけてきました。

「この絵が欲しいわ」
「ポストカードではなく、この絵ですか!?」
「ええ」

あらかじめ値段は提示していたのですが、本当に買ってくれる人がいるとは思いませんでした。
びっくりしましたよ…。

客足が途絶えたのを見計らって、隣で行われていたおかだゆりなさんのワークショップにも参加してみました。

イチゴの紙に最近怒ったことを書いて、ジャムが入った瓶の中に入れると…溶けた!すごい!
詳細はこちらの記事からどうぞ~。

暇なときは落書きを描いたりしていると、あっという間にその日は終了しました。

落書きなど
落書きなど

2日目には「ギャラリーの英語のフェイスブックに載せたい」ということで、外国人のスタッフに英語でインタビュ ーを受けました。

矢継ぎ早に質問を受けたので、かなり焦ってしまいました…。

インタビューを受けている様子
インタビューを受けている様子

彼は絵だけではなく、僕のスペイン旅行記の本にも目を留めてくれました。

「この本は何だい?」
「スペインに行ったときの本です」
「旅行記だね。タイトルの意味は?」
「(まだ見ぬ景色を求めて…どうやって訳せばいいんだ?)」

僕が困っていると、彼は受付に本を持っていき、日本人のスタッフに尋ねました。

そして訳されたのが「In search of a beautiful as yet unseen landscape」。なるほど~。

果たして、僕の拙い英語でうまく伝わったのかな。
僕は不安に思いましたが、あとで英語のフェイスブックを見てみると、上手に文章にしてくれていました。

3日目には僕の両親と友人のEさんが来てくれました。
途中で電車が止まって、彼らを待たせてしまいました。ごめんなさい。

Eさんは僕の絵を買ってくれました。
ありがとうございます!

この日は日本人のスタッフからインタビューも受けました。
ブログの記事になっています(丁寧な内容、ありがとうございます!)

ヒマなときは
ヒマなときは

最終日には母親と友人のSさんが来て、やはり僕の絵を買ってくれました。

一点ものなので高めの値段を付けていたのですが、それでも買って頂いて申し訳ないほどです。

絵が売れると
絵が売れると

あっという間に4日間の展示期間は終了しました。

最後に片付けをして、ギャラリーに併設されている「さくら亭」でお好み焼きを食べました。

おいしかったです。

お好み焼き
お好み焼き

/////////////////////////

始まる前はどうなるか心配でしたが、終わってしまえば何とかなるものだと思いました。

ギャラリーには、多くの方が足を運んでくださいました。

セツで一緒に学んでいた人や、農作業ヘルパーの仲間、過去のグループ展で一緒になった人など。

本当に嬉しく思っています。

また、この場を与えてくださったスタッフの人たちには感謝しています。

ありがとうございました!

Keisuke