個展「ブエン・カミーノ!」終了しました

2018年10月1日(月)から5日 (金)まで、個展「ブエン・カミーノ!」を開催しました。

ポストカード
ポストカード

場所は原宿のデザインフェスタギャラリーです。
個展をするのはこれが3回目で、この場所で行うのは一年ぶりの2回目です。
(前回の個展の記事はこちら

ギャラリーには71のスペースがありますが、僕は前回と同じ場所のWEST 1-Gを選びました。
ここはこぢんまりとしていて、窓があって明るいため、僕は気に入っているのです。

/////////////////////////

今回は、僕が2014年の4月下旬から6月上旬かけて歩いたスペインの巡礼路、「カミーノ・デ・サンティアゴ」をテーマに展示することにしました。

これはフランスとスペインの国境付近のサン・ジャン・ピエ・ド・ポーの町から、聖地サンティアゴの街を目指す、約780kmの行程です。
(詳しくはこちらの旅行記をご覧ください)

この巡礼については、以前に旅行記を書いて本も作ったし、一区切り付いたかと思っていたのですが、やはり何らかのまとまった形で発表したくなったのです。

この展示に当たって、現地で撮った写真を参考にし、新しく風景画を8枚描くことにしました。

画材は、久しぶりにアクリル絵の具を使いました。
透明水彩よりも発色が良く、スペインの鮮やかな空を表現するにはぴったりだと思ったからです。

ぎりぎりまで掛かってしまって、ようやく5日前に全ての絵が完成しました。
(作品はこちらで見られます)

また、新たに旅行記の文庫版も作りました。
以前に作った本は分厚く読むのが大変なので、分量を半分ほどに減らしています。
これで少しは手に取りやすくなったと思います。

新たに作った文庫版
新たに作った文庫版

/////////////////////////

さて、搬入の前日のこと。
この時点になっても、キャプション(絵の説明)作りが終わりませんでした。

少し仮眠しようとしたのですが、このとき外は台風が来ていて、ものすごい雨と風で全く眠れません。
仕方なく起きて、ちまちまと作っていましたよ…。

というわけで、搬入日は一睡もしないで原宿のギャラリーに向かいました。
夜まで体力が持つかどうか心配です。

前回は全ての荷物を自分で持ち込んだのですが、今回は事前にギャラリーに荷物を送っていたので、少しは楽でした。

ですが、台風の影響で電車が大幅に遅延!
ギャラリーに到着したのは、一時間遅れの午前11時頃です。

ギャラリーの入り口
ギャラリーの入り口

さっそくスタッフから説明を受け、設営を開始しました。

今回は、B4サイズの絵を8点と、葉書サイズの絵を十数点(旅行記の挿絵のために描いたもの)、それに現場で描いた2枚のスケッチを展示します。

また、机にはスケッチブックや旅行記、作品ファイルなどを並べました。
なかなかレイアウトが決まらず、設営が終わったのが午後3時頃です。

展示の様子
展示の様子
展示のタイトル
展示のタイトル
概要
概要
B4の作品
B4の作品
葉書サイズの作品
葉書サイズの作品
現地でスケッチした作品
現地でスケッチした作品
棚の上
棚の上
ポストカードなど
ポストカードなど

完了して一息つく間もなく、スタッフが入れ替わり立ち替わり入ってきました。
彼らは展示の様子を見ながら、僕にあれこれと質問をしてきます。
インタビューも受けたので疲れました。

その後、スタッフはブログ(記事はこちら)を書いてくれたり、ツイッターで取り上げてくれました。感謝です。

初日は無事に終わりましたが、その日の夜中のことです。
急に咳と鼻水が止まらなくなって、翌朝に医者に行きました。
やはり、少し無理をしていたのでしょうか。

鼻カゼだったらしい
鼻カゼだったらしい

/////////////////////////

会期中には、いろいろな人が来場してくれました。

家族やその友人、巡礼路で出会った人、訓練校やセツで一緒に学んだ人、富良野で知り合った人、発掘現場で一緒になった人まで!
(実は、僕はしばらく発掘のアルバイトをしていたのです)

交友関係が広くない僕にとって、個展は人と「繋がっている」ことを確認する場でもあるのです。

お客さんは、「色が綺麗」とか「すごく丁寧」などと言ってくれました。

また、海外からのお客さんもたくさん来ました。
中にはスペインから来た観光客もいて、「これってサンティアゴのボタフメイロ(香炉)だわ」と(おそらく)言っていました。

僕が「グラシアス(ありがとう)!」と言ったら、相手も「グラシアス、チャオ(じゃあね)!」と返事してくれましたよ。

お客さんには、絵を通じて少しでも巡礼路の空気や匂いを感じ取ってくれたらいいな、と思っていました。
上手く伝わっていたでしょうか。

巡礼路について、いろいろ質問するお客さんもいました。
このとき寝不足だったのと、風邪薬で頭がぼーっとしていたので、ちゃんと応対ができていなかったかも。ごめんなさい。

予想外だったのが、本が思ったよりも売れたことです。
文章がメインだと手に取りづらいのではないかと心配していたのですが、なかなか好評で嬉しかったです。

また、絵を買ってくれたお客さんもいました!
本当にありがとうございます。

時間のあるときは、他のスペースにも顔を出してみたり。
作家さんからいろいろなお話を聞くことができました。

他のスペースに行ってみた
他のスペースに行ってみた

お客さんが来ないときは椅子でうとうとしていたり、詰め将棋を解いていたりしました。

一人でいるときは
一人でいるときは

あっという間に5日間を終え、最終日になりました。
夕方の5時から片付けを開始し、撤収です。

片付けあるある
片付けあるある

最後に隣接する「さくら亭」で、海鮮塩焼きそばを食べました。
おいしかったです。

海鮮塩焼きそば
海鮮塩焼きそば

/////////////////////////

来てくれたお客さんやスタッフの方々には、本当に感謝です。
ありがとうございました!

またそのうち個展をしたり、旅行に行けたらいいな、と思います。

Keisuke

個展を開催中です

昨日から、個展「ブエン・カミーノ」が始まりました。

展示の様子はこんな感じです~。

個展の様子(1)
個展の様子(1)
個展の様子(2)
個展の様子(2)
個展の様子(3)
個展の様子(3)

10月5日まで開催中です。

Keisuke

明日から個展!

明日から個展「ブエン・カミーノ!」開催します~。
絵もなんとか仕上がりました。

飾る絵
飾る絵

このほかに小さな絵を十数点と、
巡礼路で描いたスケッチを2枚展示する予定です。

ただし台風の影響で、もしかしたら開始時間が遅れるかもしれません。
大幅に遅れるようならまた告知します。

ではでは、この辺りで。

Keisuke

 

個展「ブエン・カミーノ!」開催のお知らせ

お久しぶりです。
最近、すっかり更新が途絶えて申し訳ありません。

タイトルの通り、個展を開催します。

ポストカード(表)
ポストカード(表)
ポストカード(裏)
ポストカード(裏)

日時…2018年10月1日(月)~10月5日(金)
時間…11:00~20:00(初日は14:00から、最終日は17:00まで)
場所…デザインフェスタギャラリー原宿 WEST 1-G(前回と同じ場所です)

会期中は在廊する予定です(いないときがあるかもしれませんが…)。

今回は、2014年に歩いたスペインの巡礼路の風景画を展示します。
タイトルの「ブエン・カミーノ」とは、スペイン語で「良き巡礼を!」という意味です。

旅行記も書き直して文庫版の大きさを作ったので、それも販売します。
(今、印刷業者に依頼している段階です)

展示する絵の一部はこちら。

風と星の道:スペインの巡礼路の写真を基に描きました。ペルドン峠という場所で、ここには鉄の板でできた巡礼者の像があります。
風と星の道
僕だけが見つけた道:スペインの巡礼路で撮った写真を基に描きました。ここには誰も来ないので、景色を独り占めすることができました。
僕だけが見つけた道

まだ全ての絵が完成していません。果たして間に合うのかっ?
取り急ぎ、この辺りで。

Keisuke

新春将棋大会に参加しました

2月のことになりますが、YAMATE美術セミナーで行われる「新春将棋大会」に行ってきました。

大会は今年で3回目になりますが、僕が参加するのは初めてです。
将棋が好きな生徒がいて、その人の発案で行われているそうです。

僕も以前から参加したいと思っていたのですが、毎年いつも都合が付かず…。
でも、今年は参加することができました。

/////////////////////////

僕は幼稚園の頃から祖父に教えてもらって、将棋を覚えました。
テレビやネットでプロの対局を見るのは好きなのですが、あまり指すことはありません。

初心者向けとされるコンピューターの「ハム将棋」には勝ったり負けたり。
3手詰めの詰め将棋はほぼ解けますが、5手詰めはなかなか解けないという程度の棋力です。

さて、当日は少し遅刻してしまいました。

セミナーの入り口
セミナーの入り口
庭に梅の花が咲いていました
庭に梅の花が咲いていました

急いで2階のアトリエに上がると、すでに机にはいくつもの将棋盤と駒が並べられていました。
トーナメント表も大きな紙に貼り出されています。

将棋大会の貼り紙
将棋大会の貼り紙

参加者は9名でした。
くじで対戦相手を決め、いよいよ対局開始です。

初戦は大人のTさんと。

考えるTさん
考えるTさん

ぶっつけ本番でドキドキしましたが、無事に勝つことができました!

次の準決勝では小学生のT君と対局。
よくしゃべる子なので、作戦も筒抜けでした(笑)

T君との対局
T君との対局

T君は王様を全く囲わず攻めてきます。
そのため、まず僕は守りを固めてから、じわじわと攻めて勝ちました。
大人げない戦いでごめんね…。

決勝はそのT君のお父さんと。

先生「それじゃ、始めてください」
僕 「あ、その前に意気込みを言ってもいいですか?」
先生「はい、どうぞ」
僕 「お父さん?強いよね。序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。だけど、俺は負けないよ」
先生「おお~、頑張ってね!」

これは佐藤七段がNHK杯で言った台詞をもじったものです。
「豊島? 強いよね」当時のエピソードを佐藤紳哉七段が語る

みんなは何のことかわからず、ぽかーんとしていましたが…。

対局はお互いの飛車を取り合う乱戦に。
途中で有利になったと思ったのですが、一瞬の隙を突かれて負けてしまいました。

悔しかったですが、準優勝できたので満足です。

とても楽しい時間を過ごせました。
機会があれば、将棋道場に行ってみるのもいいかなぁ…。

Keisuke